「社員」を知る homeへ

社員インタビュー

  • 現在の仕事内容を教えてください。

    海外で活躍する日本企業を増やす!

    私の仕事は、世界各国にいらっしゃるビジネス支援の専門家(会計士・税理士・弁護士・コンサルタントなど)を、「ヤッパン号」というWebメディアで紹介することです。特に新興国のビジネス環境は変化が激しく、日本企業が海外でビジネスを成功させるためには、現地に詳しい専門家を探す必要があります。世界中を足で回り、現地の専門家の方々を「ヤッパン号」で紹介していく事で、日本企業が海外で活躍するためのお手伝いをしています。

    私がシンガポール法人へ出向したのは、入社から3か月にも満たないタイミングでした。出向1年目は、アジアの新興国を飛び回りながら各国の専門家や経営者と商談の日々が続き、アジアのビジネス環境について多くの知見を広めることができました。

    今では、シンガポール法人の事業の中核を担うWEBマーケティングの担当にもなり、新たな挑戦を続けている最中です。

  • 仕事のやりがいについて教えてください。

    入社2年目から事業の中核を担う業務に従事

    自分の力以上の仕事を任せてもらえる環境があるので、とてもに充実しています。

    シンガポール2年目になると「ヤッパン号」の読者を増やすべく、WEBマーケティングも担当することになりました。事業の中核を担う重要な業務でしたが、シンガポール法人はまだスタートアップの状況で、入社2年目ながら任せてもらえました。

  • イシンの魅力について教えてください。

    自分の力量を越えた仕事に挑戦

    イシンの魅力は、挑戦できる機会が豊富にあることです。私自身、入社3か月でシンガポールへ出向し、海外を飛び回りながら商談を繰り返したり、全く知識のないところからWEBマーケティングに挑戦してきました。

    特にWEBマーケティングについては、最初は、全くノウハウがなく、手探りで施策を考え、提案していました。提案相手は、弊社シンガポール法人の社長である上司や、外部顧問でアドバイスを下さっているWebマーケティングの専門家だったため、最初は厳しいこともたくさん言われました。ただ、徐々にWEBマーケティングに重要なポイントがわかり始め、提案を受け入れてもらえることも増えてきました。最近では、ほとんどのWEBマーケティング施策を立案から実施まで、主導して行っています。入社から3年目ですが、すでに多くの挑戦の機会があり、その度に成長できていると感じます。

  • イシンへの入社を決めた理由を教えてください。

    ビジネスについて学びたかった

    私はもともと、教師を目指していました。しかし、大学を進学していくうちに、社会について無知な自分に気づき、世の中の多くの人が携わっている「ビジネス」というものに興味を持ちました。そこで就活中は、ビジネスを学ぶため、経営者の近くで働けることを軸に就職先を探していました。

    イシンでは、経営者の方々がお客様であり、対等な立場で直接ご提案できる機会が豊富にあることから、ビジネスを学ぶには良い環境だと感じました。